2008年01月10日

15日からの割り増しに注意!

今の値動きで満玉勝負している人は居ないと思うけどご注意!!

・Non―GMO大豆、15日から全限月に臨増し。(値幅制限には変更無い模様)

・2月限は現在の臨増しが5、000円から10,000円にアップで、証拠金は31,000円になります。

・4月限〜12月限は5、000円増しの証拠金26、000円になります。
posted by M@H at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 先物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月07日

商品先物リンクの追加。

 無料でバルチックドライ指数・ケープ級指数・パナマックス級指数までを網羅したダイレクトな海外市況・国内市況のサイトは無いと諦めていたのですが、フレートを含めた引け値と商品関係のあらゆる情報も載っているサイトが有りましたので、今後重宝しそうです。

・株式会社コードワン投資研究所【資源株、商品先物の総合投資情報サイトCODEONE INVESTORS NEWS SERVICES】
http://www.code-one.co.jp/index.html

 おもしろいなと思ったのは独自に海外石油関連企業80社の株価から算出した原油価格先行指数/海外バイオ燃料・電力企業株価から算出した大豆価格先行指数/海外タイヤ・カーボン企業株価から算出したゴム価格先行指数の直近分のチャートで、企業株価からの先行指数なので、ひょっとしたらレーショニングの兆候を測るのに良いんじゃないかと思ったりするのですが。(有料情報では4ヶ月先まで)を掲載。 
posted by M@H at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 先物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月02日

リンクの追加のお知らせ。

logo.jpg

 全国のキヨスクのほか私鉄、地下鉄などの売店で発売。証券専門紙での全国シェアは75%と断トツ。関東地区売上高で、日刊現代、夕刊フジなどに続き5位の人気でお馴染みの「株式新聞」の「インフォ・コモディティー&FX」は資産運用の総合情報紙・株式新聞による、商品先物と外国為替に特化した専門情報サイトです。

 リンク依頼がありましたので、右サイドの商品先物リンクにも追加しました。通常のリンクなので気軽に御覧下さい。
 
posted by M@H at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 先物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月07日

『AND Trading System』

☆4月9日 新取引画面『AND Trading System』

4月9日(月)より浪漫飛行から新トレードシステム『AND』がリリースされますが、会員メンバーは既にシステムを立ち上げる事が出来ますので、設定を自分好みに変更し、色々機能を試してみました。
http://home-trade.jp/and/
 
本番の取引は週明けですが、以前に書いたように、必要な箇所だけ個別に抜き出しての注文可機能がありがたく、なによりデザインセンスが良い(笑

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
タイトル:新トレードシステムAND攻略セミナー

開催日 : 4月9日(月)〜 4月13日(金)

時間 :  各開催日の 12:00 〜 12:20

参加ページ http://www.jikiden.net/l/i.html?m=rtfjxf&p=qtwvlgxc
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

posted by M@H at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 先物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月13日

4月より浪漫飛行システム刷新。

●新サービス提供に伴う一部サービス廃止のお知らせ 

 拝啓、時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、誠にありがたく厚く御礼申し上げます。 
 さて、浪漫飛行では、この4月より、みなさまにより快適にオンライントレードをお楽しみいただくために、浪漫飛行のトレードシステムを刷新する予定です。
 今までどこにもなかったような注文機能の充実や、飛躍的に洗練された操作性で、みなさまのオンライントレードを強力にサポートできるシステムを提供いたしますので、ぜひご期待ください。尚、現在のオンライントレードシステムも並行してご利用いただけます。

 浪漫飛行トレードシステムの刷新に伴い、誠に勝手ではございますが、以下の予定で一部のサービスを廃止させていただきます。
これまでご利用いただいていた皆様には大変ご迷惑をおかけ致しますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
                                敬具
  <新トレードシステム名称>
    ・AND(アンド)
  <廃止予定サービス>
    ・開運当りくじ   
    ・サテライト(海外市況レポート)    
  <廃止予定日>    
    ・平成19年3月30日
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

 【 浪漫飛行 】
   ■発行人:オリエント貿易(株) ホームトレード課
   ■T E L :0120−43−6015
   ■E-Mail:webmaster@orient-trade.co.jp
   ■HomePage:http://home-trade.jp/

 開運当りくじは当たらなかったから廃止でも良いけど、海外市況レポートは無くなるんだ?どういうシステム刷新か試す為にも生き残らなくては。
posted by M@H at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 先物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月05日

これだもんな。

【取引臨時増し証拠金について】
3月6日より「東工金」及び「東京銀」に取引臨時増証拠金
の預託が必要となります。詳細は以下の通りです。

「東工金」1枚につき30,000円
「東京銀(平成19年8月限以前)」1枚につき54,000円
「東京銀(平成19年10月限以降)」1枚につき27,000円

 金と銀の急落に対してが今のところは対象だけど、理屈うんぬんより、金の無い奴はやるなという態度が見え隠れするけど、疑いすぎ?
posted by M@H at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 先物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月26日

一般大豆も証拠金UP。

3月1日より次の銘柄の取引本証拠金基準額が変更となります。
【東穀 一般大豆】
取引本証拠金基準額:60,000円 → 75,000円
値幅制限:800円 → 1,000円

国際穀物は大相場ですから、Non大豆に続いて、一般大豆も取引本証拠金基準額が上がります。
posted by M@H at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 先物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月15日

ひまわりCXも。

ひまわり、第3四半期までの連結最終損益7億0500万円の赤字で、07年3月期年間配当を見送り。

ひまわりCXも、仏フィーマット社へのホールセール事業譲渡の交渉開始の話題もありで、経営資源をオンライン取引分野に集中することにより、どんどん先物業界も再編されますね・・・。

三井物産子会社のシンガポール担当者も巨額損失の秘匿で、シンガポール警察に逮捕されるし。

その他のニュース。
東穀取海外委託玉は、N大豆3642枚の買い越し、コーンは売り越しだそうです。

ゴールドマンの話題。
何回か触れましたが、「日本人が知らない 恐るべき真実」の2/12日の記事にて詳しく述べられてます。
posted by M@H at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 先物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月05日

聞いた事ある台詞。

2月5日(ブルームバーグ)

ジム・ロジャーズ氏:中国株とニッケルについてコメント

◎中国株について

「現在は本格的なバブルですらないが、株価は確かに高過ぎる。中国で起きていることはクレージーだ。小売店に勤める若い女性が株式を買うため借金しており、タクシードライバーが株を買うためにタクシーを担保にお金を借り入れている。こうしたことは常に危険な状態であり、私は今、中国株を買うつもりはない」

◎ニッケルについて

「2、3年続けて上昇しており、私は買わない。2、3年の間、下落もせずに上昇したものを私は買い入れたくない」

確か去年、日本株の投資熱が高まった時も、似たようなコメントの記事を見かけたような・・・。中国株の本土市場の株価が急落している事と、アジアの金需要への影響は関係ないのかな??余り記事を見かけないし。
posted by M@H at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 先物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月31日

eワラント

色々な種類のeワラントが有るので驚きましたが、次世代ゲーム機とか道路交通法改正で恩恵を受ける株式のコール&プットまで扱っていて、メニューを見ていてもなかなか面白いです。

ゴールドマン・サックス証券
[コモディティeワラント]
原油eワラントコール&プット 満期月→2月,5月
金eワラントコール&プット  満期月→1月,3月,5月,7月,9月
銀eワラントコール&プット  満期月→2月,5月,7月
大豆eワラントコール&プット 満期月→4月

主要なコモディティeワラントの満期月を確認すると、コーン先物相場のeワラントは大豆に遅れて1月30日からの取り扱いですが、共に5月限に対してのみリンク債発行なので、満期は4月18日の扱いです。

29日の日記のゴールドマンパワーの、石油の記事を把握してから考えると、USDAが3月30日に作付け意向報告を発表する時期と、穀物ワラントの満期日が、偶然似通ってるだけとしても、色々考えればおもしろいかなと思いました。
posted by M@H at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 先物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月20日

テス・テス

昨日からのSeesaメンテナンス確認を兼ねて。

太古から人間の平衡、筋緊張、随意筋運動に関する小脳の役割が、日経225先物を行う事による金との相互干渉を日々綴って居られる、ご存知はご存知の方の「黄金の金玉を知らないか?」ですが、作者のプロフィールにあるポスターの内容は偶然としても、年代的にも随分体がお若いのでボディビルダ−等々を嗜んでいたのでは?

という分析じゃなくて、記事で紹介されていた「日本人が知らない 恐るべき真実」のような内容のブログに自分は目が無いもんで・・・、ありがたくMy Blog Listに加えさせて頂きました。

その他、アダルト広告が邪魔ですが、商品先物リンクに海外の全商品の「リアルタイム 商品先物 チャート」を追加。

Non大豆に関しては後ほど。
posted by M@H at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 先物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月04日

シミュレーションの続き。

1202A.bmp今日は大荒れの天気で、雪はまだ降っていないですがタイヤ交換をする姿も見かけるようになりました。
先日から設定は変えていないチャートでは、売りサインのままですが、シミュレーション表では11月29日に転売のサイン後12月02日に買いのサインになりました。ここ数日の終値からの動きには追いついていない感じですが、総合勝率が0.5476なのは長い目でみると評価できる感じでしょうか?あるいは買いサインの時のみに限る考えも有るし、暫く見ていこうと思う。
参照:「フューチャーズアナリスト」
posted by M@H at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 先物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月01日

セミナー。

今日のセミナーは途中からの参加でしたが、質問チャット&保存の出来るホワイトボードで中々面白かった。なにやら最初にお姉ちゃんが出たらしいので、セミナー終了前のチャットで再登場を望むメッセージには笑った。やはり鞘取りなら鞘取りで専念するべきとの事なので、当面は現状のガソリンのDTに専念。

巷で話題のヒューザーの小嶋社長は、最初に上京して入社した商品先物取引会社でかなりの強引な売り込みをしていたらしいですね。自分とは縁の無い人物で良かったですが、道が交わった人達にとっては悔やまれる事だったと思います。

追文:ひまわりCXの先物オン・ザ・ウェブにサヤ取りブロック表が有ります。
posted by M@H at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 先物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月23日

シュミレーション。

20051123.bmp通常のチャート分析という意味では無く、シュミレーションが可能なソフトの意味ですので、現時点で無料で使用可能なソフトは、三井物産フューチャーズ「フューチャーズアナリスト」の間違いでした。売買シュミレーションは複合分析が出来ない点が残念ですが、売買サインは色々なテクニカル分析で変化するようです。まだ完璧に使いこなしていないのですが、チャートの下のLが買いサインです。
やはり満足できる分析ができるソフトは高価なソフトになりそうなので、実際には現在の方法でスキャルピングになる事と思います。
posted by M@H at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 先物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月17日

オンラインセミナー

オリエント貿易のオリエントくらぶで、有名講師による商品先物取引のテクニックに関するセミナーが以下の日時にてパソコンのブラウザーにて行われます。早めに応募してみたら受付けて貰えたみたいです。

2005年12月1日(木) 20:00 〜 21:30

セミナー内容 実践的なサヤ取りの基礎

鞘取り入門 講師:羽根 英樹氏 

募集人数 300名
応募者多数の場合は、抽選とさせて頂きます。

参加費 無料
※参加者抽選で20名様に、商品先物取引「基礎知識&儲けの方法」プレゼント
posted by M@H at 22:37| Comment(2) | TrackBack(2) | 先物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月16日

商品先物とインサイダー情報

ドットコモの車田副社長からのメールで興味深い記事がありましたので部分的に抜き出してみます。

インサイダー取引の規制が、株にはありますが、商品先物取引に無い理由は、株の場合は株価形成に明らかに影響を及ぼす情報があるのに対して、商品先物取引の場合はそのような情報が無い事。
インサイダー規制がないという事は、他の国の商品先物市場においても万国共通で、日本だけでは無い事。
証券会社は、自主規制団体である日本証券業協会の規則によって、いかなる名義を用いているかを問わず、他の証券会社の役職員から注文を受けてはならない。また、注文を受けるだけでなく、会社の役職員が他の証券会社に注文を出すことも禁止。これに対して、商品先物取引の場合は、法令はもとより、自主規制団体や取引所の規則でも、会社の役職員が行う商品先物取引についての規制は無い事。
特定の情報によって価格形成がなされ得るかについて取引の実態とこれをもとに構築されている規制・制度を比べてみますと、意外にも、グローバルに価格形成のなされる商品先物取引は株取引よりも「公正さ」が確保されやすい。

確かに言われてみれば、情報の視点から考えると商品先物は内部情報を知ることのない一般投資家が個人で判断する場合においては公平という感じがします。


posted by M@H at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 先物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月22日

先物取引の手数料

三貴商事INV@STは来年1月末まで、手数料をゼロ円=無料(往復)との事ですが、オープニングキャンペーン別の通常手数料も1枚あたりの往復手数料が298円(税込)で、日計りの場合は実質半額の手数料と考えると、かなり魅力的です。

検索したら・・・。
posted by M@H at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 先物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月06日

オンライン事業の営業譲渡

対面顧客との取引に関して商品取引所法違反の問題があり、商品先物取引受託業務を廃止したグローバリーから、オンライン取引を信頼して取引を始めた顧客に対しての便宜と、営業譲渡による顧客の拡大の期待から、経済産業省と農林水産省から認可を受け、オンライン事業の営業譲渡をドットコモディティが受けたの事。
新手数料体系導入には、一枚ごとの手数料体系を採用していたグローバリーでのオンライン取引をしていた人達の配慮もあったようです。
グローバリー社オンライン事業の営業譲渡について
posted by M@H at 19:10| Comment(0) | TrackBack(1) | 先物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月04日

ドットコモの新手数料体系

以前はボックスレート片道10枚ごと3,000円(税込)だけでしたが、今回、シングルレート片道1枚450円(税込)が新たに導入されました。
6回以内のディトレならばボックスレートの最低手数料よりも安くなったようです。
日計りは片道の手数料なので業界でも最安ではないでしょうか。
ドットコモディティ
posted by M@H at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 先物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月27日

ガソリン高騰ですね

WTIの反発で今日はどうしようも無い感じです。
驚いたのは制限値幅が拡大された4月先ぎりが前日比2000円を超えて急騰、1枚で20万相当の動きという事で上場来高値を更新との事ですが、これじゃあ天国か地獄かですね・・・。
しかしながら相変わらずアメリカがくしゃみをすれば日本も習えという感じで、何だか折衝も何も無いなという気がしますが、テロ対策特別措置法で米軍を中心に11カ国の艦船に計541回、約40万7000キロリットルの給油を無償(約160億円相当)で行う位だから仕方の無い事?
posted by M@H at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 先物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。