2007年11月24日

悲観視されたクリスマス商戦、NYでの滑り出しは好調


 
案外一番悲観視してるのは、日本だったりして・・・。
posted by M@H at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月20日

対ドルでユーロが最高値を記録。

 今日は一転して忙しいのでこんな時間ですが、それにしても日中30度を越す暑さが何時まで続くんでしょう?

 只今のロンドンタイムでは、貴金属とシカゴ大豆の上伸が目覚しいですが、貴金属はドルに対するユーロ高でなんとなく解るとしても、この時間の大豆は何だろう、欧州で消費の多い大豆油、ブラジルの天候懸念?

 日本時間の大豆2商品は典型的な内部要因で、期近1・2番限が暴騰のストップ高になり再びエベレストを目指してますが、今度は酸素ボンベ持ってる? 

 いや、まじめに書こうとしても仕手の中身を理解しようとしても、どだい無理なので、内部要因は内部要因としか言えない。というわけでNon―GMO大豆が同290円―1000円高、一般大豆が同240―1000円高でした。
posted by M@H at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月19日

NY原油先物、連日の最高値更新。

【ニューヨーク18日時事】
米連邦公開市場委員会の利下げを好感して商品市場に投資する動きが活発化した面も強く、同日は金相場も時間外取引で約27年8カ月ぶりの高値をつけた。しかし、原油高騰は、ガソリンなど石油関連商品の価格上昇を招くだけに、企業のコスト増や個人消費の減速につながる恐れもある。低所得者向け高金利型住宅ローン焦げ付き急増に端を発する金融市場の混乱が続いているが、金融当局が利下げを通じて実体経済への影響波及を抑える姿勢を鮮明にしたことで米景気の先行き懸念が弱まり、エネルギー消費も底堅さを維持するとの見方が広がった。

米住宅差し押さえ件数、過去最多の12万4000件【9月19日 AFP】

・おおむね国内もNYの流れを引き継いだのですが、国内では原料価格上昇に伴う企業努力も限界で、ハウス食品もついに製品価格の改定および製品規格変更のお知らせが本日出ています。

海外投資保険が急増=資源・エネルギー高騰で活発化:時事ドットコム

ガソリン、再び最高値更新も=原油価格の高騰受け:時事ドットコム

そして、サラリーマンの課税される所得額が少ないとの意見・・orz

所得控除の見直し検討=税収確保、簡素化へ−政府税調:時事ドットコム
posted by M@H at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月18日

NY原油、シンガポールで初めて81ドルを突破

【ニューヨーク17日時事】
週明け17日のニューヨーク商業取引所の原油先物相場は、米連邦準備制度理事会が明日の連邦公開市場委員会で利下げを決定し米景気を下支えするとの期待感から反発、一時1バレル=80.70ドルまで上伸し史上最高値を4営業日連続で塗り替えた。

市場では、住宅相場の冷え込みで米経済がリセッションに陥り、石油需要が低迷するとの懸念がくすぶっていたが、「景気は懸念していたほど悪化していないとの見方が広がっている」という。

米商品先物取引委員会が先週末に発表した原油先物の取組高報告も相場を押し上げ材料になった。同報告によると、9月11日までの投機筋による原油先物の買い越し幅は、景気の先行き懸念から大きく減少していた。投機的な買いが入らなくても相場が最高値圏に上昇し得ることが示された形で、「相場の先高期待が高まった」という。

また、ゴールドマン・サックスがこの日、原油価格が来年末までに95ドルまで上昇すると発表したことも買い材料視された。

・原油相場が80ドル台続くなら供給増を協議へ=OPEC

 これで海上自衛隊のインド洋での給油活動は倍の値段で米国から購入の上に国民の税金負担で無償の上に続行となれば、ますます負担が増えるのは確実か・・・米国が給油の場合はしっかり有償なのにね。
posted by M@H at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マイクロソフト側が敗訴。


 今日発表された記事ですが、詳細は不明ながらIBMからインターネットを通じて無料配布するビジネス統合ソフトが、日本語対応も検討しているのか気になる。

時事ドットコム:ビジネス用ソフトを無料配布=マイクロソフトに対抗−米IBM
posted by M@H at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月15日

ダイハツ工業、白金を使用しない燃料電池を開発

 日産自動車が貴金属の使用を半分に抑えた触媒を開発との報の時の白金は急落でしたが、今回の記事を受けた14日のNY白金、10月限は小幅続落で、0.70ドル安の1299.20ドルで引ける。

・ダイハツは、燃料極への白金の代わりにコバルトを、空気極側に銀を触媒とし、燃料には数十年前からヒドラジン利用の燃料電池の開発に着手していた歴史がある。ヒドラジン利用の理論的な出力電圧値が約1.5Vと、水素やメタノールに比べて高いという特徴もある。

・ヒドラジンはアンモニアに似た刺激臭を持つ無色の液体で、空気に触れると白煙を生じる。水に易溶。強い還元性を持ち、分解しやすい。引火性があり、ロケットや航空機の燃料として用いられる。常温での保存が可能であるため、ロシアなどのミサイルの燃料としても広く用いられており、また人工衛星や宇宙探査機の姿勢制御用の燃料としても使われている。(Wikipedia)
posted by M@H at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月08日

NYダウ200ドル以上急落


 週末7日のニューヨーク株式相場は、雇用情勢の悪化で米経済がリセッション入りするとの懸念が高まり大幅反落と、ドルは金利差という支援要因を失うことになり、売り圧力が強まるなどの懸念から円は113円台前半まで急騰した反面、ドル安をみてのシカゴ穀物のトレーダーが売り持ちを週末に持ち越すのを嫌ったため国際穀物は大幅に反発し、円高を相殺する入電になりました。

 週明けの為替次第ですが、国内での米国景気後退に伴う需要衰退から穀物価格の下落が始まると周りが言う程簡単に事が進めばいいんですけど・・要は売ればいいんですから。しかし、輸出国側から見れば「輸出が有利になるという点においてわれわれはドルに救われた」という声もあるように、農務省需給を前に悩ましい展開です。
posted by M@H at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月05日

パナマ運河の拡張計画。


 9月3日時点でパナマ運河を通航できない大型の船舶、いわゆる「ポストパナマックス船」の飼料穀物のパナマックス・米ガルフ―日本/北米西岸―日本の運賃は、今年最高値を塗り替え バルチックドライインデックスチャート(不定期船運賃指数)も過去最高値を記録。あと10年後に完成か・・・・。

【動画】パナマ運河、拡張工事開始 その歴史を振り返る
posted by M@H at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月01日

ブッシュ大統領ら米要人の発言

 週末31日のニューヨーク外国為替市場の円相場は、バーナンキ米連邦準備制度理事会議長の講演は、これまでの発言内容と大きな違いがなかったことから反応薄、一方、ブッシュ大統領の会見は、住宅金融問題に端を発する信用不安を完全に封じ込めるものではないと受け止められ、ドル売りに拍車を掛けた反面、ニューヨーク株式相場は、バーナン理事会議長が講演で利下げを示唆したと受けとめ、住宅ローン焦げ付き問題を端緒とした信用収縮が和らぐとの期待感が高まり急反発ですが、声明からは、投資家と金融機関の救済目的で利下げする気は無く、9月以降に発表される指標で実体経済に影響が出ているようであれば行動するとの形で、住宅金融問題と実体経済の間に線引きをしたい政府の意向は変わらないようですが。

 シカゴ大豆は月末のポジション調整に伴う売りや、レーバーデーの3連休を控えていることを材料に2.50セント安で引けたのですが、この値段だと国内は、内部要因でどちらでも好きに動けるような週明けの予感がしますけど。

 昨日は珍しく商品先物業界さんからのコメントでしたが、タイコム証券の完全自動売買を見据えたシステムトレードツール「Sniper Pro」のモニターを募集との事で、トレードの選択幅が広がるのは良いですね。

「シナリオトレード検証日記」
http://taicom.exblog.jp/
posted by M@H at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月22日

世界経済は継続的な活況にある。

 先ほどの英CBI調査でも、8月の鉱工業受注指数は12年来の高水準になり欧州株も自動車・資源などが強く、総じて堅調な展開で、ロンドン時間からの通貨オプションボラティリティーも全般に著しく低下し、相場が落ち着いてきた感があるとの事で、為替も円安方向に振れてます。

 Non−G大豆ですが、前日の値を伸ばしきれなかった流れで安寄りした後は、大衆筋の投げを含めた手じまい売りが止まらずに、期中の3限月がストップ安で引けたのは、一般大豆と比較しても過剰だし、15時からのロンドン時間の円安も無視している事から、昨日までの売り方の筆頭だった商社・メジャー・大手筋が、一転して買い手に回ってるので、大衆の買い外しを狙ったと考えたほうが正解だと思う。(手口を自慢している外務員ブログがあるので)

 明日が安ければ自分もそろそろ撤退ですが、夜間の動きと今日のNYダウからは、海外勢も買い手に向かうと思われますが、さてさてどうなるか。

 仏大手銀BNPパリバ傘下で資産を凍結していた3ファンドの運用再開が検討されている」との21日付の一部報あり。
posted by M@H at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月19日

GM会長、「円は過小評価」


 GMの見解によると、1ドル114円は、1ドル120円に比べてはるかに好ましい相場だという。ワゴナー会長は、円の真の価値は90円から100円程度で、その水準まで円高が進めば「競争環境が劇的に変わる。欧州の自動車メーカーも同意見だと思う」と述べた。

 ドルを買って米国経済を支えていた面もあると思うのですが、風向きの変化と共にエコに対する戦略ミスが円安に対する不満として吹き出たような・・・。

 日本の輸出主導の景気は内需がともわない無いだけに、再びはデフレに後戻りする可能性が高いのでしょうか?
posted by M@H at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月18日

FRB、公定歩合引き下げに続き60億ドルの資金供給

 米株式市場は急反発と同時に、商品先物に対してもアナリストは「FRBの公定歩合引き下げであらゆるトーンが変わった」と指摘。「それまではあらゆる人たちが『どこで戻り売りを出すか』という話をしていたが、そうした雰囲気はなくなった」と語った。公定歩合引き下げは、金塊や銅、原油相場も下支えた。

 この日は、大豆が上昇をリードする一方で小麦は大口投機筋の手じまい売りで下落。トウモロコシは不安定な値動きになったが、遅い段階で週末を前にした買い戻しが入って終値を前日比プラス圏に押し上げた。トレーダーらによると、投資家が小麦売り・トウモロコシ買いの裁定取引を行っているとのうわさがあった。

 市場では金融市場の混乱は続くとの見方が多く、フォーリン・エクスチェンジ・アナリティックスのパートナー、デービッド・ギルモア氏は「FRBは9月の連邦公開市場委員会(FOMC)前に利下げに追い込まれる」と予想した。

 低金利の円を売って高金利通貨で運用する「円キャリー取引」の解消はまだ続くとみられ、円は東京市場で付けた高値(111円60銭)を上回る可能性もあるという。

 円高は、欧州や米国の輸出企業にとっては収益の押し上げ要因。ギルモア氏は「世界経済は減速に向かっており、どの国も自国通貨が弱くなることを望んでいる」と指摘した。

(ロイターES時事)

ペン怖いのは円が魅力的な通貨だから買われるのでは無く、自国の輸出収益で潤うまでは円買い進行の流れを止めようという気は無く、輸出で貿易黒字の中国と違って「日本は属国だから文句はいわんだろう」という意識が見え隠れしないでも無いが・・・・東京株式市場がITバブル崩壊時以来7年4カ月ぶりの大幅安と同様に為替も予断の許されない展開が続きそうです。

米輸出、堅調な世界成長やドル安で押し上げられている=セントルイス地区連銀総裁 | Reuters
posted by M@H at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月11日

米株式市場は小幅安で終了。


 暑い盆休みになりそうですね。そろそろお山に帰郷しないといけないですが、距離が近いのでのんべりしています(笑
 
 昨夜の欧米市況もNYダウを眺め下げ渋り、為替のドル円も117.0円を目前に切り返しだったのでロングポジは増えませんでしたので、ちょっと残念。

 金は質への逃避としての買いも急にあり、今回の中央銀行による大量の資金供給を背景に、インフレヘッジとしての買いも誘われたので、昨日の買わなくて良かったが、一転して買えばよかった?
 
 シカゴ大豆は米農務省の需給報告が支援材料となる一方、皆が株式市場に注目していた為に、市場は非常に薄商いとなり、大豆市場への関心も抑えたように、心理的な面からの下落だったのですが、暴騰するよりむしろ買い安心を感じるのは気のせい?
posted by M@H at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月10日

公開市場操作が不安感に拍車?

 きっと色々な人生ドラマが繰り広げられた週末だったろうなぁ、明日はわが身かも知れないけど・・・・。

 現在のロンドン時間からNYダウの始まりにかけて、欧州市況が踏ん張れるかは、ドイツがポイントになりそうな感じですが・・・金は再びロンドン時間から株価になびいての急落で、買わなくて良かったですが、去年同様に10月まで原油の急落になびいていくか、反対に値が早く戻る可能性もありなのか?

 コモディティにおいては、シカゴ相場の大幅安で終わったトウモロコシが寄り付きで足を引っ張ってくれましたが、Non―G大豆は総じて堅調な展開で、米農務省の需給報告発表を控えて買い戻しが増加し、大引けにかけプラス圏に浮上した数少ない場だったと思います。

 115円の声が再び大きくなったドル/円ですが、自分には117円の指値に届くかですよね・・・。NYダウが下げて日本株が反発なら早いと思うが金利差が広がる訳でも無いので、その辺が微妙な感じ・・・、まぁ本番はこれからなので何とも言えないですけどね。 
posted by M@H at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日銀も1兆円緊急供給オペ。

[香港/シンガポール 10日 ロイター]
 アジア市場でも、日銀が1兆円(84億5000万ドル)の資金供給を実施。トレーダーによると、この金額は市場予想の上限だったが、それほど意外でもなかったという。

 豪準備銀行も定例の市場操作で、通常の倍以上に相当する49億5000万豪ドル(41億9000万米ドル)の資金を供給した。

 さらに、韓国中銀幹部がロイターに対し、金融システムの安定を維持するために追加資金を供給する用意があると明らかにしたほか、シンガポール金融管理局も、必要があれば追加流動性を供給する用意ができていると述べた。

 アジアでは欧州のようにクレジット市場で信用収縮が深刻化している兆しは見られないが、アジア株式市場が全面安となり、円が急上昇するなど、金融市場に影響が広がっている。
posted by M@H at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月27日

米株急落受け、東証も大幅続落で大引け


アヒャヒャヒャ(゚∀゚≡゚∀゚)ヒャヒャヒャ

と壊れた場合じゃない。

無理しないで、寄り付きで逃げますた。

ミニ金の証拠金残高12,000円→3,800円残り。

取りあえず来週から、2月の展開と同様なら金先限2400円までの押しの可能性も入れて参加予定、リベンジなんて言わない、おらのへそくり2万円追加でへそくりを取り戻す?

金ミニ手数料無料期間を9月28日(金)まで延長! 『ドットコモディティ』

↓急落を知らせるネコはいない?

「死の天使」? 患者の死期を知らせるネコ【7月27日 AFP】
posted by M@H at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月26日

次世代の紙幣は玉虫色?


ただ一言。

負けるなぴかぴかゴールド(笑

とりあえずね、ドル買いに負けるなと!
posted by M@H at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月09日

ボーイング787ドリームライナーに注文が殺到


ボーイング787 - Wikipediaより参照

 日本が得意分野とする炭素繊維複合材料が採用されており、三菱は海外企業として初めて主翼を担当、世界最大のPAN系炭素繊維メーカーである東レは、ボーイングと一次構造材料向けに2004年から2021年迄の18年間の長期供給契約に調印し、使用される炭素繊維材料の全量を供給する。

核の保持とか、ミサイル防衛などの右寄りな考えよりも他国にとっても必要とされる日本のテクノロジーこそ平和維持の最大の武器だと単純な自分は思うんですけどね・・・・・。
posted by M@H at 22:12| Comment(3) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月23日

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。